広島県安芸太田町の移住・定住支援サイト

安芸太田町

小さな町に受け継がれる火

鍛冶工房金床の外観写真

町の伝統的な産業であった町唯一の鍛冶屋さんが高齢で廃業されたため、町がその後継者を全国公募しました。そして安芸太田町へ来られたのが秋田さんです。

現在、鍛冶工房金床という鍛冶屋で、手で扱う道具類(鍬などの農機具や鎌などの刃物類)を作られたり修理されたりしています。

安芸太田町へ移住されたきっかけは?

 大学院で鉄造形を専攻しており、鍛造を仕事にしたいと思っていました。大学院修了のタイミングで安芸太田町が野鍛冶を公募されていたのでそれに応募したことがきっかけです。

実際に住んでみられてどうか?

  一人暮らしにも慣れていたため移住に関して何ら苦はありませんでした。「家の場所が変わったな」っというくらいの意識でした。しかし、今まで住んだ場所の中で一番自然豊かな場所なので、日常生活の中で初めて見るものへの驚きや感動がありました。

 野鍛冶に入るということもあり、行政や地域住民の方々が私の存在を広報紙や口コミ等で地域へ知らせてくれていたため、とてもウェルカムな雰囲気で迎えてもらえてよかったと思います。

 良くも悪くも人の入れ替わりや目新しいことなどが少ないように感じます。また、少子高齢化や人口減少などが顕著に現れています。自然や空いた建物、土地などの資源がたくさんありますがそれを活用する「人」と「自分がやるという意識」がもっとあればいいのになと思います。

安芸太田町の魅力は?

 自分の住んでいる地域は、少し車で走れば豊かな自然があるところです。一方で、商店やスーパーなどが集まっている場所なので、遠くまで買い物に行かずに済むため生活するのに便利なところです。

 親しくさせてもらううちに、徐々に面白い人が多いということもわかってきました。

移住を検討されている方へのメッセージ



(Photographybydorado)

 飯の種になる得る困りごとはたくさんあると思いますが、「仕事」として定着していなかったりします。故に、新しい仕事自体を作るという意識の人や、手に職と販路を持っている人の移住をお勧めします。移住をされる前に町内の人と友達になって、どういう土地かよく調べることをお勧めします。

 移住後は、困ったことを相談するなどでもよいので古くから住んでおられる地域の人とコミュニケーションを取った方が良いと思います。

 今は、景気も悪いし人口も減っており、元気がなくなりそうな時代ですが、その分、消費や生産、「これから生きる上で何が大切で何が必要なのか」という取捨選択など色々考えられる時代でもあると思います。自分が住む場所をじっくり選び、将来どうするか選ぶのに良い時期と思います。

 景気が良い時代には発想出来なかった事をすべきと思います。個人的には、そういう考えてる人、自分の考えを自分の人生で表現している方をお待ちしております。

すまいの情報

  • 待ち家(空き家)バンク
  • 民間賃貸住宅
  • 町営住宅
  • 上殿定住団地
  • お試し体験住宅
  • まわりの施設

移住・定住のサポート

  • 各種支援制度
  • 求人情報
まずは、お気軽にご相談ください
  • お問い合わせ
  • よくある質問